2014
07.23

建設の求人において求められる資格は、非常に多岐にわたっています。

例えば、現場で実際に建築に携わっていく職人なら、資格を取ることも踏まえて、多くの経験を積んでいくことが大切でしょう。

その上で、仕事の内容に合った資格を取得していくことで、キャリアアップしていくことが可能です。

一方で、高学歴を求められる資格もあります。

1級建築士に代表されるように、取得するためにはかなりの長い時間を必要とするものもあります。

そういった資格は、一度取得してしまえば、建設の世界では長く安定して仕事を得ることができますし、もし仕事がなかったとしても求人をたくさん見つけることができるでしょう。

その他現場で働く方々が取っておくと良い資格としては、建築設備士やボイラー技士、電気主任技術者やCAD、プロジェクトマネージャー、プラント設計、電気工事士、土木施工管理技士、監理技術者などがあります。

今、民間企業も地方自治体も、急激な人手不足により急速な求人増加の状態にあります。

その中でも特に、建設の現場に最低1人は必要とされている1級建築士や施工管理技士は、深刻な人手不足に陥っており、中途採用も非常に多くなっています。

ですから、今これらの資格を持っている方は、求人は非常に多い状態ということができます。

特に地方自治体でも積極的に中途採用を増やしているので、先の安定性を含めて考えても、これらの資格があると良いといえるでしょう。

チャンスがあるなら、出来るだけ資格を取っておく方が有利ということは確実ですね。

参考サイト⇒[建築・土木技術者]職種別仕事の説明|技術者の仕事を探そう

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.